ハマユウ荘について

島の人々から愛される花の名前を冠した、「ハマユウ荘うふあがり島」

心地良く風が吹き抜ける中庭とそれをぐるりと取り囲む宿泊施設。しかし決して暗くもなく、太陽の光が充分に差し込む近代的な造り。樹木の配置やスロープの流れ方も、空間の広がり方を感じさせます。 そして中庭の周りを囲む水路は鯉が泳ぎ蓮の花も咲いて、涼し気な風情を醸しています。きっとあなたのホテルとなるでしょう。

交通案内

アクセスマップ

〒901-3902 沖縄県島尻郡北大東村字中野152-9

アクセス方法

沖縄本島からうふあがり島(北大東島)

うふあがり島(北大東島)からハマユウ荘

北大東空港から車で10分(無料送迎あり) 各港から車(一般道)で約5~10分(要予約で無料送迎)

港・空港へお迎えに行きます。到着便を必ずご連絡下さい。
定期船で来島の場合は下船後、当館まで携帯電話にてご連絡ください(港に公衆電話がありません)。

施設概要

  • 名称 ハマユウ荘
    所在地 〒901-3902
    沖縄県島尻郡北大東村字中野152-9
    TEL/FAX 09802-3-4880
    チェックイン 14:00~18:00
    チェックアウト ~10:00
    敷地面積 13,000m²
    延床面積 1,513m²
    規模・構造 中庭広場付2階建て鉄筋コンクリート
    客室/収容人数 洋室      19部屋/38名
    和室      4部屋/8名
    特別室     2部屋/4名
    和室研究室   1部屋
    新館建設中

    [計27部屋 58名]
    飲食施設 レストラン/60席
    その他施設 ・宴会場・会議室/70名
    ・交流広場「水の庭」(中庭)
    ・屋外展望台
    ・クリーニング施設
    ・大浴場
    ・コインランドリー有り
    喫煙 全部屋禁煙・喫煙所あり
    備考 レンタカー、レンタバイク、電動レンタサイクルございます。

北大東島について

なぜ「うふあがり島」と呼ぶのか

古くは「ウフアガリの島」と呼ばれ、はるか東にある無人島として古くから知られていました。 古来より沖縄では「ウフアガリ」とは琉球語で「東の涯て」を意味し、「大東」の漢字表記は「ウフアガリ」に該当する意味の漢字を当てたものであります(これを音読みにして「だいとう」)。

FRONTIER SPIRIT 開拓の島

北大東島の開拓の歴史は明治36年、八丈島出身の玉置半右衛門らがそれまでの人を拒み続けてきた島に上陸を果たし、現在の役場前に甘蔗(サトウキビ)8株を植え付けた時に始まりました。 その後、サトウキビの栽培を軸に栄えてきた島に新たに燐鉱石採掘事業が興り、燐鉱の島として益々活気を帯びていきました。

北大東MEMO

  • 北緯

    25度56分55秒

  • 東経

    131度17分27秒

  • 東西

    4.58km

  • 南北

    約3.05km

  • 周囲

    13.52km

  • 面積

    12.71km²

  • 年間平均気温

    摂氏23度

  • 7月の平均気温

    28.3度

  • 1月の平均気温

    16.9度

  • 年降水量

    1,742mm

※気温は過去20年間平均